2019年最初の山歩きは鷹ノ巣山にしました

2019年1月4日(金)、奥多摩の鷹ノ巣山に行ってきた。

今年の初山歩きは、電車で近場に行こうじゃないか、たまには風呂入ってビールとかもいいんでないの、っていうことになりました。
というのは、元々この日は大っきな雪山に行こうぜ行こうよ行きたいぜモンブランが呼んでるぜみたいな誘いがあり、とってもモンブラン的何かには行きたい気持ちはあるものの今現在雪山に行く準備ができる環境になく、泣く泣く断っていた日だったのでした。
登山というのはわりと生活環境に依存する趣味だなあと思います。はい。

現在絶賛受験生を抱えてウォーな自宅から厄介払いされる形でザックに荷物を詰めて町田の実家近辺におり、超天気が良いから正月は丹沢でも歩こうかなーと思ってたところで近場で良いから山行こうぜという誘いがあり、じゃあそうしようと予定を変更した。厄年の男と言うものは居場所が無いものなのだとか思ってたんですけど、俺どうやら本厄は過ぎてて今年は後厄らしいぞ。はじめて知った。
んで、4日は始発電車で奥多摩へ。今年は長い休みを取る人が多いからまだ街は休みモードだけども、いちおう平日なのでホリデー快速はありません。まるっきりの通勤ルートを通過して、西武新宿線~拝島経由で8時半ころ奥多摩駅へ。そのまま鍾乳洞行きのバスに揺られて日原へ。

連休はハードコア超満員でごった返す路線だけど、流石に空いてて座れました。そしてほとんどのお客さんは川苔山方面で降りていくので、日原まで乗ってったのは3組ほどだった。

俺は1年半ぶりの鷹ノ巣山です。近場で、って言ってるけど何気にあそこめっちゃキツいよね。前回行ったときは真夏のど真ん中でバッテバテのでろんでろんになった記憶が鮮明。

P1041121 この日は平日ダイヤなので、東日原の駐車場からもうひとつ先の中日原までバスに乗れます。ここで降りるとバス停を降りたらすぐ登山口でべんり。
まずは、目の前のシンボル、稲村岩へ向かいます。

P1041123-EFFECTS 稲村岩尾根の登山道は、一度沢まで降りてそれからずーっと淡々淡々と登りです。5km、3時間で1,100m登るのでわりと結構な坂である。
空気はひんやりしていて止まると寒いけれど、日も出ていて気持ちのいい天気でした。夏に来たときはスタートした瞬間苦行だったので、むしろ快適そのものと言っていい。

P1041130 ヒイコラ上って体が温まってきたあたりで、稲村岩の分岐に着く。
「死亡事故が」って貼ってあるほうの岩場に行くと稲村岩に登れます。警告のとおりそこそこアスレチック感あるので苦手な人は気をつけましょう。と言っても、特に難所は無いのできちんとマナーを守れば大丈夫。

IMG_7740  
稲村岩の頂上に到着。いい天気だ。
この正月3日は驚くほど空気が澄んだ快晴で、4日からは下り坂とあったので外に出かけなかったのを少し後悔していた。それでも、この日もそこそこ冬のいい天気です。

P1041135 稲村岩のてっぺんからは、さっき下から見てた日原の集落が見える。ここまでの標高差は300mくらいだよ。

P1041137 振り返ると、これから登る尾根が見えます。一直線に淡々と続く登りですな。
じゃあ、行ってみよう。

P1041150 淡々。
ずーっとこんな感じなんで特筆すべき点は無いのだけど、空気はいいし、足元もしっかりしているしでなかなかいい気分で登れる。シャリシャリの霜柱がたいへん心地よい。

P1041151 ちょうど中間くらいで、この坂道で唯一休憩できそうな平坦地がある。
ヒルメシクイノタワなる名称が付いており、ここくらいしか昼飯食う場所ないぞ感を醸し出してるんだけど、まだ昼には早いのでちょっと休憩してまた先へ。

P1041157  
今年は雪降ってないのでスニーカーで快適登山だよ。
山頂直下、唯一凍結箇所あったけどこの程度。

P1041162 登ること3時間、ついた。

P1041166 ヒョー

P1041168 鷹ノ巣山山頂、1,736mなり。わりと高いぞ。

P1041171 キンキンに、とまではいかないのは少し残念だけれど、それでも十分空気が澄んでいて南アルプスの山々がよく見えた。鳳凰、北岳、甲斐駒と並んで、鋸岳の更に彼方には中央アルプス、木曽駒まで見えてた。

鷹ノ巣山は道中渋いけど山頂からの景色が素晴らしいですね。

P1041178 めしにします。寒くなってきたけど買ったばっかの新しいジャケットがクッソ暖かいのでヨユーだ。
この日のメニューはセブンイレブンのレンチンチゲ鍋とおにぎりです。ほんとはアルミ鍋が買いたかったのだけれど1月4日の早朝のコンビニにはそんなものは無かった。

いつものことなんだけど、余裕ぶっこいてコーヒーまで淹れて飲むと、気がつけば山頂には俺ら以外だれもいない。めん君は先日石井スポーツのアルプス(ヨーロッパの)遠征オーディションみたいなのに行ってきたらしく、

「試験に行ったら、みんなめっちゃ休憩速いぞ!止まらないぞ!」
「なに?鍋食わないのか!?」
「食わないッ!!」
「コーヒーは」
「沸かさない!!」

みたいな感じだったと語っていた。それはそうか、きちんとした登山者は山頂で2時間鍋を沸かしたりはしないようです。鍋やってると凍えて死ぬ模様だ。

P1041188 そんなこと言いつつ鍋食ったので帰るか。
東京方面を振り返ると、奥多摩駅まで石尾根が続き、向こうに東京の町並みが見えるね。ここからはゆるーく10km近いハイキングだ。走るか。

P1041208 快適だー。

すがすがしい気候の石尾根はとっても快適ですよ。
蒸し蒸しした時期は暑くて大変だけどね。

鷹ノ巣山、たぶん石尾根を登りに使うか奥多摩湖から登ったほうが楽(そっちから登ったこと無い)だとは思うんだけど、だらだら登りで飽きそうなのでこのルートでいいんだろうと思います。

IMG_7754 途中、六ッ石山に寄って、奥多摩駅を目指すよ。

駅に着くまでの間は、何食うか、どこの風呂に行くかなどを考えていたのだけれど、奥多摩駅のビール屋さんはまだ年始の開店してなかったし風呂とご飯両方行けるところに移動しようってことになった。

P1041217 一般道到着。

ここから奥多摩駅までは15分程度です。
駅に着いたら、ドンピシャのタイミングで電車来たのでそのまま乗った。

河辺駅まで移動します。

DSC_6155 青梅市の誇るベッドタウン河辺ですな。

個人的には、奥多摩方面行ったときは奥多摩で温泉(もえぎの湯とか)に行くよりもここに来ちゃうことが多い。目の前にある「河辺タウンビル」の5階に「梅の湯」という温泉施設があり、きれいで快適です。寝られる寝湯もある(そればっか)。

このビルは風呂の下が青梅中央図書館であり、アウトドアでネイチャーな気持ちで河辺駅に降り立つと突然インドアに引き戻されるのが玉に瑕(いや、図書館はそれはそれでとても魅力的なんだけど)であるが、一人のときなんかは快適な日常感あっていいんだよ。

あと、河辺駅の南口にある「紀の家」っていう八王子ラーメンのラーメン屋さんが超うまい。美しい醤油ラーメンで完璧だ。

<参考画像>

P9090532 ※これは別のとき撮った写真。
んで、この日はわりと早い段階で「肉食おうぜ!」ってなってたので、南口の駅前にある「宮よし」さんというホルモン焼き屋に入りました。

DSC_6162DSC_6158 いやー、なんとなく入ったけど、この店すっごくいい店だー。
店も明るいし、肉が新鮮でボリュームもあってとても美味しい!盛りもいいし、リーズナブルだ。

「うまいホルモン焼き屋があるんだぜ」と言って人を誘うのもいい。
※なおベストな状態で食べるにはまず1,100m登ります。

すっかり気に入ってしまった。また来よう。

炭火七輪ホルモン焼の宮よし。超新鮮なホルモンを炭火を使った七輪の上で、好みの焼き加減で。熟成のタレを堪能してください。
肉の鮮度には絶対の自信有り!実際に食べてみればわかる肉の旨さ。生でも食べ られる程の超新鮮ホルモンを七輪の上へ。炭火で焼かれるホルモンから香ばしい煙があがり、 肉汁があふれ輝きだします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました