だちょうプリン

うちの近所の住吉に「手作り菓子工房 うふ」というケーキ屋さんがあって、こじんまりとしたお店だけど、何を買ってもとても美味しい。

ケーキ屋さんとしての純粋な総合力だけを見るならば、ここの2つ隣の森下駅の上にある「ロワゾ・ブリュ」が江東区のケーキ屋の中では頭ひとつ抜けたNo.1だと思っている(※隅田川の橋を日本橋に渡ってしまうとそこは群雄割拠の世界なので、あくまでも江東区の中の話)んだけど、うふも名前のとおり手作り感があってまた違う魅力がある。

店長さんがめちゃくちゃ絵が上手くて、先に頼めばバースデーケーキに何でも描いてくれる。

例えば電話口で「ゾロでお願いします」と言うと、奥さんが「(修行の)2年の前ですか?後ですか?」と言うので、「後で」とだけ伝えておくと、ケーキにはミホークと修行した後の片目のゾロが描かれていたりする。子供たち(というか妻)が大喜びだ。

そんな感じで娘のケーキを頼んで取りに行ったら、普段なかなかお目にかかれない商品があった。

PB047647

だちょうの卵のプリン、300円。

このお店の看板メニューで、毎月第1日曜日だけの限定販売。

ずっと何年も前から買ってみようと思ってはいたのだけれど、なかなかタイミングが合わなくて買ったことがなかった。

6号の誕生日ケーキを買ったのに、こちらも買ってしまった。冷蔵庫がすごいことに。

ようやく食べてみると、濃厚だけれどあっさりさっぱり、ふわりトロトロとした食感で美味いプリンだった。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする


コメント