「あなたはすごいと言われたい」


そう指摘される場面があるとして、なぜそう言われるのかという問題については考えなければならないのと、人のタイプによって何を評価されることに喜びを感じるのかがまったく違うということは知っておくべきなのだけれども、とはいえ実際に表記のような言葉が的を射ているかどうかなんて、そんなのは事情次第、あるいは送ってきた人生によってまったく違うことだろう。

相手が単純に人の話を聞かない目立ちたがりのオレオレ野郎なのか、人生を掛けて成し遂げたいことがある時に手段としてプレゼンテーションをしなければならない人なのか、それを踏まえなければならないし、それを見抜けなければ人を見る目の側にも問題がある。
単に無神経なだけなのか、コーチング理論にハマり過ぎた人なのかもしれないし、ただ、いずれにしても、時と場合によってはとこの上なく酷い言葉の暴力になるっていうことを体感として理解しておいたほうが良い。

【自分用メモ】
別件だけどもうひとつ。


何か議論していてなんだかモヤッとするなと思うと、わりとこれが逆になっているという人や場面があったりする。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする