山利喜(新館)

森下に、山利喜という有名な居酒屋、というかなんというかわからないが半ば観光地化する程度に名の知られた酒場がある。

「東京三大煮込み」または「五大煮込み」と言われる煮込みの名店の一角だ。

一時期、行列しすぎちゃっていつも入れない店になってしまっていたのだけれど、本館がきれいなビルに建て替わってからはある程度ゆとりをもって入れるようになった。


今の職場で俺の隣で働いている同僚が、俺の小学校のおやじの会メンバーの元部下だと言うことがわかり、しかもその人の元部下には俺の(前職の)同期もいるということがわかり、世界は狭いね、一度飲もうかと声を掛けられたのだ。

たまたま各々帰宅途中で都合の良い場所を考えてたらたまたま森下が思いつき、じゃあ山利喜でも行きますか、という話になった。寒い日にあの煮込みは最高だ。俺は行くの3年ぶりくらい。煮込み食べたい。

18時半前に行ったけれど、残念ながら本館は満席。初めて新館に入った。

グツグツの煮込み来た。卵入り、630円。

山利喜名物、というか江東区の名物と言ってもいいかも知らんね。何度食べても最高に美味いです。

五大煮込みと言うけれど、この店のそれは他の四店のどれとも似ていないし、そもそも所謂居酒屋の煮込みとは違う、というか言いがたいものがある。赤ワインとブーケガルニ、ほぼシチューだ。

これに、ガーリックトースト(300円)を付けるのがこの店の流儀。付けて食べるとこれまた最高に美味しい。

ピクルス。

この他にコンテ、レバカツ&チップス、青菜のおひたしなどビストロなのか居酒屋なのかわからないメニューをつまみながらお酒を飲む。
今回は頼まなかったけど、メニューリストで一番場所を占める酒はワインだ。

山利喜の三代目の現ご主人はフレンチ出身でその後家業を継いだということで、こういうレシピがこの店の看板になっている。

お値段は安くも高くも無いが、どのつまみも手が込んでいて美味しい。あと、本館と新館でちょっとメニュー違うかもしれない。

 

なんとなく、お土産に山利喜煮込みストラップを買ってみた。使い道は特に無いけど。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました