スプラフェスでタケノコ軍に参戦する

6月18日、土曜日。
この日は本当は山仲間と3人で遠くの山に行く約束をしていて、そのために土曜出勤の予定も別のひとと交代してもらったりしてたんだけど、どうにもこうにも今週はイマイチ気持ちも仕事も体調もパッとせず、親友のめん君もスケートでコケて尾てい骨が痛くて歩けないとか言うし、そんなこんなしてたらとどめに結局仕事になりました。残念です。

そんなわけで朝から土曜当番に行ったんだけど、早上がりで速攻帰ってきた。
なぜなら、この日はスプラトゥーンのフェスできのこ・たけのこが戦っているからであり、たけのこ軍の一員としてきのこを倒さなければならないという使命感に駆られたからです。

P6183240.JPG

この歳になってTVゲームにこんなガン嵌まりするとも思わなかったけれど、ゲームをやるために仕事を早く切り上げて全力で走ることになるとも考えもつかなかった。もう全人類スプラトゥーンやったほうが良い。

実際のフェスのほうはただのナワバリなのでそれほど熱くなる要素ももう無いんだけれども、なんとか勝率トントンくらいで足は引っ張らなかったと思う。
しかし、もう世界の情勢は明らかだと思うのだけれど、勢力としては圧倒的にたけのこ優勢なのだ。たぶん、1.5倍くらい居るんじゃなかろうか。フェスでもその傾向は顕著であり、なかなかマッチングしないし、たけのこ同士でぶつかってばかりだし、まあ、お菓子としてたけのこのほうが有力なのだということは明らかというか、それは実際のところビスケットよりクッキーのほうが満足感あるし無情だけど仕方ないね。

でも、過去の例に漏れずスプラトゥーンのフェスは大概少数派のほうが強い。勝率はトントンだったけど、キルされまくってどう考えてもたけのこ兵のほうが習練が甘いのだった。

統計学として非常に興味深いですね。




広告