自分の足で走る(その1)

P4251313.JPG

週末に会社で「インターネット事業合宿」なるネットなのか超絶アナログなのかよくわからないイベントがあり、それはそれでクソ忙しい中泊まりで酒飲みに行ってどうなのよそれっていう本音を言ったり言わなかったり、サラリーマンだから楽しみですねと言ってみたり、とはいえ実際たまにはゆっくりディスカッションとかしたほうがいいよと思ったりしつつ行くことになっていたんだけど、ランニング好きな先輩がマラソン好きな部長に「泊まりなら朝ランどうですか?」みたいなことを「お、部長、こちらやられます?これ(クイックイッ)」とゴルフの振りをしながらお約束トークをするオトナよろしく働きかけたところ「いいね!」ということになったらしく、

「このメールは一部メンバーに送られています。走りましょう!」

というメールが送られてくる運びとなり、誰もがその先輩に「ギルティ・・・」とひとしきり呟いた後、まあいっかたまには、と思ってとっとと抵抗を諦めて走ることにはしたんだけど、その要件に対するFit&Gapとしては、

・どうせ夜中まで合宿所で飲んでるんだろ?

という前提と、

・ちょうど今ランニングシューズが無い

という現実的な課題がGapとしてあるのだった。

その部長からは直後に「コースはこういうのに詳しそうなつっしーにお願いしましょう!」とノリノリのメールが届いたため、できるビジネスマンはメールの返信が早いという法則に則って秒速で

・宿泊先からから6kmも走ればみんな大好き私の事務所です。

と書いて返信したところ、怒ってる?と社員ALLで返信が来たため、爽やかですよ、と社員ALLで返信した。

その日は早く上がったので思い立って上野で降りてぶらぶらする。
スニーカーって言えば上野だろう。

P4241282.JPG
細いセンタービルと三叉路。
構図だけ見れば、ニューヨークのタイムズスクエアのように・・・見えねーよ。

 P4241288.JPG
大統領。もはや観光地化しているという感もあるけど、上野と言えば。
本当はもっと目の前から店内を見通す構図が絵的に好きなんだけど、今日は飲みに来たわけじゃないから。


そうだ、こんなことをしている場合じゃなくて、今日はもっと健康的な用事で来たんだった。


 P4241279.JPG


とにかく安くて真面目なジョギングシューズを4000円くらいで探しに来たんだけど、ついついこれを見てしまう世代。

だが無駄遣いしたらいかんとグッとこらえる。

走る話について書こうと思ったんだが、脱線しすぎたからまた書きなおすことにする。

なお、合宿の朝はちゃんと走った。皆強制なのかと思ったら4人しか来なかった。

かなりのスローペースで多摩川近くを8.5km、1時間ほど。

ちょっと面倒だったけど、結構気持ちよかった。

あと、スマホ落として角が割れた。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする