多摩川

今日は朝早く起きて、寄り道しながら行こうと思ってたんだけど、それをするにはどうやら睡眠時間が足りなかったようだ。

出勤途中で遊ぶ時間は無いけど、ちょっとくらい遠回りするならいいかと思ったから、
今日は日本橋~渋谷周りにする。

都内は走りづらいとかってよく言うけれど、大抵の場合それは嘘だ。
だいたい道は広いし、路肩もきれいだし、大型車も少ない。
景色は変化に飛んでいるし、エスケイプできる道も無数にある。
ちょっとの例外を除いて、近郊郊外の幹線道路よりは都内のほうが快適だ。

大手町を抜ける。このあたりはスムーズでスマートだ。

P4090453.JPG

しかし、皇居の外回りは例外で、本当に自転車にとっては鬼門だ。マトモに走れない。
内回りに回るととても快適なんだけど。

P4090456.JPG

国会。来たくて来ているわけじゃない。
押し出されてどうしようもなく来ることがある。

この後永田町、赤坂見附と信号で止まりまくってまったく実用的ではない。
東京を自転車で東西に渡るなら、皇居南のの246や六本木通りよりも、北の靖国通りの方が速いだろう。

P4090458.JPG

表参道。
246は走りづらいけど、青山のところだけは快適だ。

P4090461.JPG

渋谷を抜ける。
246沿い育ちなのでいつもの20号よりこっちのほうが馴染みはあるんだけど、
はっきり言ってこのへんを自転車で走る意味はほとんどない。ダンプの排気ガスひどいし、路面はボロボロだし。

三茶から世田谷通りへ。

世田谷あたりの街中で、きれいなでかい馬が歩いていて何事かと思う。
急いでいたので立ち止まって眺めるという発想ができなかったことをちょっと悔やむ。

でも、後から友達に言われて気付いたんだけど、よく考えてみたら馬事公苑の前だ。
朝の散歩だ。

そんなこんなしてたら結構な時間。
結局懸命に走って、多摩水道橋を渡って登戸へ。

そして多摩川。

P4090467.JPG

天気がいい日の朝の多摩川は気持ちいい。


246走ってくるとストレスが溜まるけど、多摩川土手をちょっとだけ走れるからいっかっていう気がする。


都内を走るのは嫌いじゃないっていうかむしろ好きだけど、
やっぱり、水と緑に心洗われる感はあるかな。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする