UCJ Sprinter 1.0

息子の自転車を買った。ついに大人用の自転車になった。

でかい箱で着いた。とりあえず折り畳んでみる。



 

UCJ Sprinter 1.0。マイナー車種だけどとてもいい自転車だ。

半年くらい前に立ち上がったばかりの小さな新興ブランドらしい。折り畳み自転車のOEM販売ができる事になってスタートした、と会社の説明にある。キャンペーン価格でかなり格安だった。
確かに、見た目は2004年頃のDAHON Vitesseにそっくりだ(俺のVitesseは2003年式)……けど、DAHONのパテントではない。DAHONの折り畳み機構を使っていないし、フロントOLDは100mm。コンポはSRAM X-4の8速で、DAHONのOEM車と比べてもかなりコスパは高い。

DAHONぽいけど微妙に違う。作りはしっかりしている。

届いて気付いたんだけど、これはルイガノのLGS-POP(の2~3年前のモデル)と全く同じ車体だ。
最新のルイガノのやつはディレイラーハンガーが交換可能になっていて、子どもにはそっちのほうが良かったかなとも思ってかなり悩んだんだけど、こっちは同じ価格帯でホイールが前後クイックになっている。これは相当にポイント高い。

20インチなのにフロントがちょっと小さめ48丁だけど、8速カセットは11-28Tでワイドなので問題があるとは思えない。いいチョイスだ。

ついでに言うと、あと15,000円出せばフロントダブルになった。俺が買うならそっちかなと思ったんだけど、まずは我慢かな。

上の娘は自転車に乗らないので、子どもに自分と同じサイズの自転車を買うのはこれが初めて。少しだけ感慨深い気もする。
これなら、どこへでも行けるだろう。どこへ行こう。

 

今から息子と激坂に行くことを想像して、リヤ34Tで何とかなるか、フロントを軍手シフト2枚にするかとか妄想している。

だけど、購入してからまだ1度も乗ってないのでまずは走りに行くところからだな。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする