荒サイとマナーについて

ブログには(大好きな自転車のことについては特に)基本的には楽しいことを書いていきたいなあ、と思って文章を書いているのだけれど、ちょっと思うところがあるニュースがあったのでこれは書かねばならぬ。

cyclist.sanspo.com

これは良いことで、そして残念なことだ。

つい先日、まさにこの浦和リトルリーグ練習場近くで、自転車を止めて田んぼの畦を覗いていた息子が、ロードのおっさんトレイン(みんな50代くらい)先頭2名から「どけよ!」「前見ろ!」と怒鳴られ、最後尾のおっさんから「マナー守れや!」と捨て台詞を吐かれた私であります。感じ入るものがあります。



先日荒サイをサイクリングしたことを書いて、その中で荒サイのマナーについてひとことだけ書いた。 

mar.hatenablog.com

 いつか別で書くかも、と書いたけど気が乗らなかったので放置してたら、上記のニュースを見た。これまたタイムリーな、というか恒常的な問題なんだろうな。

上に書いたおっさんトレインのスピードは30km/hくらいだったかな?
高速道路を走っているつもりなんだろうか、田んぼの畦道だったのだが。自転車乗りさん達よ、そのマナーとは一体?

 

上記のサンスポサイクリストの記事はFacebookページ経由で知ったんだけど、そのFBページの投稿に付いているコメントがまた香ばしいんですな。ロードの俺スゲー、歩行者に原因がある、みたいな人いますからね。

 

ほんと人って自分の立場が一番エライというか、クルマに乗ったらクルマが正義、歩いたら歩きが正義みたいになりがちなんで、「自転車は~」とか「クルマは~」とかっていうでかい主語で括って自分以外は叩くっていうのダメってことだなあと思いますね。要するに、思いやりと譲り合い大事っていうふつーの話ではあるんだけど。

 

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする