三ケ島FD-7

俺のメインマシンDAHON号のペダルがちょっと前からパキパキキイキイ言い出した。

構造的に簡単にロックナットで分解・グリスアップができない折り畳みペダルなのと、ちょうど色も変えたかったので新しいやつを買った。

……と言っても、今と同じFD-7。色だけ黒に。同じの買うの4回目(FD-6含む)。
Amazon在庫で約3,500円也。



ところで、ペダルって言ってはならん!三ケ島のペ「タ」ルだぞ!
と書こうと思ってひさびさに三ケ島製作所のサイトを見たら、なんといつの間にかペダルという表記に統一されているじゃないですか。

自転車ペダルの三ヶ島製作所 | 自転車ペダルの新たなフォルムを創造し、高品質な次世代ペダルへ夢をつなぎます。

以前“なぜペ「タ」ルと書くのか?”みたいなQ&Aもあった気がするのですが。
そういうの別にいいじゃんペダルなんだからってことになったんですかね。

 

地味な商品なのでスポーツ自転車に乗る人でもあまり知らない人が多いかもしれないけど、折り畳み自転車ファンの80%がこのペダル使ってるんじゃないか(さすがにそれは言い過ぎ)、という超ド定番ペダルですよ。

ていうか、他に選択肢が無いんだよ。同じ三ケ島の廉価なFD-5や分解式のEzyを除けば、このジャンルの製品ってWellgoとVPの安いやつ(※OEMもだいたいこれのどっちか、いずれもすぐ壊れる)と、ブロンプトンの高っかいやつくらいしか出まわってないのね。

折り畳み自転車乗ってたって実際はそんな折り畳まないんでしょ!TIOGAの小さいフラペかSPDペダルつけときゃいいじゃん、って言う人もいるんだけど、いやいや俺みたいに折り畳み自転車をホントに毎日スニーカーで乗ってバリバリ折り畳んで大江戸線にだって乗っちゃう人だっているわけですよ。そんな人にとっては唯一の選択肢。頑丈で仕上げもきれいでグッドな品です。8mmアーレンキーもおまけで付いてきて親切です。これが実売3,500円で買えるなら安いと思います。三ケ島さんサイコー。

なお、写真だとわかりづらいけどリフレクターを取ればハーフクリップも着きます。

昔FD-6という品番だったときはシールドだったのがFD-7になってカップ&コーンになったのでコストカットされたのかと思ったけど実際は使い勝手も耐久性も大差ない。踏み面にギザギザが付いて滑らなくなったので正常に進化してます。
ただし、カップ&コーンと言っても簡単にバラせない構造なので、パキパキ言い出したら買っちゃった方が早いかな、ってことで買い替えなわけです。
今使ってるFD-7は15,000kmくらい走ったので十分元は取ったんじゃないかな。

週末に付け替えよう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする