DAHONフレーム入手した(なぜか2台)

あ…ありのまま 今 起こったことを話すぜ!

『おれはヤフオクで代わりのDAHONフレームを探していたと
思ったらなぜか2台届いていた』

な…何を行ってるのか わからねーと思うが(ry



 Vitesseのフレームが折れてしまった翌日、さっそくヤフオクで代わりのフレームを探していた。

生活のかなりの部分を自転車に依存する生活を送っているため、足が無いとかなり不便だ(とはいえ、ロードも14インチルノー号もあるから自転車が無いっていうこともないのだけども。。)。

交通の便が良いところに住んでいるのでしばらく困ることは無いにせよ、DAHON号が使えないとかなり不安なのだ。なので、その時出品されていた中で慌ててフレームを確保しにかかったのだった。

狙っていたわけではないけど、今回購入するフレームはなんとなく2006~2010年頃売られていたメトロか同等のOEM車になるだろうなという気がしていた。

DAHON号を直すのにはなんとなくお金を掛けたくないと思っていた。って言ってもそれはお金を節約したいっていうよりは本当に気持ち的なもので、まったく買い換える予定も壊す気もしなかったものだし、元々廃品から組み上げた愛車だからっていうのも無くはない気がする。ビテスは諸々5,500円くらいで入手したから今回もそれくらいでいきたい。なんとなくだけど。

もっとも、年がら年中八面六臂の活躍している自転車なのだから、年に1度2度しか使わない山道具とかに3万円掛けるなら10万円くらいは掛けても良さそうなものじゃないかっていう気もするのだが、たぶんあれだ、フリーミアムモデルなのだ、後から維持や修理やいじる楽しみに課金するのだ。

んで、なぜメトロを想定していたかと言うと、

  • 安い
  • タマが豊富
  • スレッドコラムのハンドル周りが流用できる
    (後述するけど、これには一部俺の勘違いというか物忘れがあった)
  • 家に余っているOLD126mmの安ホイールがポン付けできる
    (VitesseはOLD130mmだったのでスペーサー噛ませて使ってた)

てなところが理由だ。

普通の健全な多くのDAHONユーザーとは真逆の発想だと思う……
普通のカスタマイズ志向なDAHON乗りは、上のグレードのモデルの規格に近づけてみたり、スレッドステムの安OEM車をがんばってアヘッド化してみたり、130mm幅のクイックのホイールを履かせるために工夫してみたりするのだ・・・

で、俺もかつてはそうだったし、今もそうやっていじりたいと思うっていうかつい先日までビテスにSpeedのホイール買おうと思ってたんだけど、ひとまず壊れた愛車を現状復帰するために、今使っている2003年式ビテスにつけているパーツをそのまま載せ替えられるフレームが欲しかったので、一旦上位グレードにすることは考えないことにした。実用自転車はわりとナット止めのホイールでも困らないのだ。必要ならレンチ持って歩けばいい。むしろ盗難の心配が減って都合がいい。

ていうか、わりと年式の新しい程度のいいSpeed P8の中古が3万円台で買えることを考えると、中途半端に最近のフレーム買ってポジション合わせのためにパーツを買い足すくらいなら丸ごと買い換えてしまったほうが結局安くなってしまう。趣味の常だよね。

実際、この時ヤフオクを覗いたら、落札した自転車と同じ日、数時間前に終了したオークションで、2012年式の程度の良いスピ8、しかも俺が前欲しかった赤の完成車が即決3万円ちょっとで出ていた。6速のOEM車の中古がだいたい25,000円くらいだったので、どう考えてもこのスピ8買っちゃった方がいいじゃん、と思ってウォッチリストに入れてたんだけど、結局買わなかった。
そうすると、今まで使ってたパーツが使えないっていうか、自転車ごと変えちゃったほうがいいじゃんっていうことになるわけで、なんとなくそれは気が進まなかったんだよね、愛着がっていうのもあるけど、無駄な余りパーツが出ると整理に困るし。家が狭いからね。

っていうことで激安価格でフレームを手にいれたが、なぜか2台入手してしまって整理に困ることを考えた俺はなんだったのかという状態になったのが冒頭の写真である。

 

ヤフオクを見てみたら、フレーム単品で出品されているモノはまったく無くて、完成車ならちらほらあるという状況。10年位前、小径車ブームだったころはDAHONがよく出ていてフレームだけの出品も結構見かけた気がしたんだけど、最近はずいぶん大人しくなったようだ。1万円台後半~2万円台中盤でD7モデル(ボードウォークとか、7速のモデル)の中古か、程度の良いOEM車があるという状況。

それらをちらほら見ながら、唯一5,000円という価格で見かけたのがこれだった。

 

メトロD6。程度は良くないけどカラーやロゴからすると2009年式の模様。

けっこうサビがあるがフレームは無事っぽいので気にするほどではないか。
パーツはビテスのを載せ替えるので気にしない。ただ、折り畳みが苦労する?ってのと、譲渡証明が出ないっていうのが気になった。

価格は安かったけど手が掛かりそうだったので躊躇して、先述のSpeed P8みたいなちゃんとしたやつを買ったほうが良いかなどと思いつつ躊躇していたんだけど、色もちょっとビアンキっぽいし、これでチェレステで揃えたパーツ移植すれば合うかもねとか思いつつ一応6,000円で入札しておいたらなにやらそのまま落とせてしまった!

やっぱり、手をかける必要がある車体は敬遠する人が多いのかな?俺みたいに長い間DAHONに乗っててパーツも一式揃っていると、フレームにオマケの消耗品も付いてラッキーてなもんですよ。

譲渡証明の問題は、出品者さんが領収書を出してくれるということなので自分で対処することにした。必要があれば自分で警察署に行って、盗難車確認証明が問題なく取得できれば防犯登録も可能なはず。そのへんは自己責任で。

2日後、到着した。きちんとした大きな段ボールで梱包されてすぐに送ってくれた。感謝です。
「折り畳みが苦労」っていう程度は予想よりだいぶ悪く、ヒンジの固着なのか歪みなのか、ほとんど「実質折りたためない」と言っていい状態だった。畳もうとしたらびくともせず、フレームを倒して体重を乗せたらなんとか「キ゛キ゛キ゛ーーー!!!」と悪夢のような大きな音を立ててなんとか畳めるという状態。うーんどう料理するやらと悩みつつ、とりあえず置く場所が無いので室外機置き場に置いた。

これでひとまず一安心、なはずだったんだけど、悪いクセでなんとなくこの日もヤフオクを眺めて何か無いかな、と思ってしまったんだよね。

ありゃ、こんなの出てた。

一週間ヤフオク覗いててもほとんど出品変わらなかったのに、平日開始、2日で終了って感じで新たに古物商さん(ジャンク屋さん?)が似たようなDAHONを出品していた。

こちらはECO3。メトロと同じグレードのフレーム違いの海外モデルで、日本では2007年頃2年だけアキボウがメトロと併売していたはず。あと、東急ハンズが独自で仕入れて売ってたはず。
当時出たMuみたいな形状だけど後三角は普通の形状、OEMにもTurnにも似たようなフレームあったけど、俺、メトロよりこっちのほうが好きだったんだよね。かっこ良くは無いけどメトロより(DAHONの弱点な)シートチューブが長くて頑丈そうだし、昔ハンズメッセで叩き売られていたとき、このオレンジのやつ友達に勧めたことあるんだよね。

海外では廉価モデルとして今もあるはずだけど、今は日本でいうところのRouteと同じフレームになっているのかな? 

このECO3、写真で見る限りピカピカだ……
「フロントホイールのスポークが折れています」等々ネガティブなことを正直に書いてあるせいか、平日のせいか誰も入札していない。値段は5,000円。もったいないなぁ。。

しかも、こちらの出品者さんは10年前俺がVitesseを買った人で、出品写真も10年前に見たVitesseの写真とまったく同じ背景だったもんだから、これは俺に買ってくれと言われてるんじゃないかという気になってしまった(錯覚)。

 

とはいえ、もうフレームは調達したし仕方ないなと思いつつ、でもメトロ折りたためないしなぁ、これも入手して2個一にするのもいいかなぁ、最低価格でならパーツ代にしたってやすいだろう、などと思いつつ、まあ、たぶん1万円は超えるだろうから実際落とすことはないね、と思いながら5,000円でなんとなく入札しといた。

・・・したら落とせてしまった(^^ゞ

予想通り、こちらは相当にコンディションが良く折り畳みヒンジ類もバッチリだった。新たに、どっちのフレームを使おう!?という謎の悩みが出てオシャレボーイの息子にどっちがオシャレか意見を聞いているところ。

オレンジのECO3のほうが優勢だが、貧乏性が出てまずは古いパーツとメトロのほうで組んで使おうかとも思う。

このほかウチにはピンクと水色と黄色とチェレステの自転車が現役だ。パステルカラー一家すぎる。

とりあえず置く場所が無いのと、自転車に乗れない日々が続いてイライラしていたので、次の日はルノー号で出勤。ルノー号の定位置は当分デスクの下だ。
会社で非常時や買出しに行きたいとき活躍するかもしれない。

DAHON号が組み上がるまでまったく足が無くなってしまうのが不便だけど、駐輪場にビテス、家にメトロとECO3がある状態なので早急に組み上げるべき。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする