【ある意味ネタバレ】パシフィック・リム:100点満点中120点(地上波初放送記念)

先日の土曜日、パシフィック・リムが地上波で初放送されていた。素晴らしいことである。


↑フジテレビのコテコテ予告。公式はもう削除されているのでツイートしている人のを拝借します。ミサトさんなにやってんすか。

俺はこの映画をもう何度も観ているし、散々語り尽くしてきたのでもうあえて言うことも無い気がしたのだが、俺はこの映画が大好きだ。はっきり言ってやばい。やばすぎる。

地上波で放送ということは、新たにこの映画を観てむせび泣く日本の男子がまた大量に発生することだろう。少なくとも、俺は泣いた。「泣ける映画って何がありますか?」と言われたら俺は「パシフィック・リム」と答えるだろう。号泣だ。

そこで、散々ビデオを観た上で、また地上波でも観ることにした。Twitterを開きながら、「ロケットパーンチ!!」とか叫べば良いだろう。「バルス!!」より熱いに違いない。

【改めて書く感想(ネタバレ)】

今さらなので、細かい分析や解説はすべて省略。


どこかからKAIJUが来る。

そこでロボで迎え撃つッォォおおおおおおおぉぉぉあああああああああ!!!!!!

ジプシー!!うおおおおおおお!!!!!!!!
やべぇ!!!やべぇ!!!!!うわあああああああああああああああああああ!!!!!!

行けッ!!!!!!!!!!!叩け!!!!!!!!!!!
ドゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!


カッケー……カッケー……すべてがかっこ良すぎる。。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

ロケットパーンチ!!!!!

タンカー!!!

チェーンソード!!!!!!!!!!

(どけ独裁者www)

ぐおおおおおおおおああああああああああああああっっ!!!!!!!!!!

よっしゃああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!


(泣いた)

僕にはまだ帰れるバカ映画があるんだ、こんなに嬉しいことはない。

~以上~

大真面目な話、日本人男子として生まれたことを誇りに思う。
日本史上過去最高の映画かもしれない。
日本映画じゃねーけど。

Twitterでフォローしてるブロガーさんがいい感じのタグを流してまとめていた。熱い。

togetter.com

うむ。

そんなわけで、ふと思い立ってよなよな残業しつつ、会社のデスクにはイェーガーとKAIJUが鎮座している。

制作屋さん達が遅くまで働いている中、1人KAIJUと戦っている開発屋が俺である。やばい。


迫り来るジプシー・デンジャーと怪獣レザーバックに戦いを挑む能力者達の図。

この2人なら何とか勝てそうな気はするが、今の気持ち的にはイェーガー推しである。

パシフィック・リム最高。120点(100点満点中)。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする