ベイマックス

家族でベイマックス観てきた。とりあえず完成度高すぎ。

P_20150102_142551

なんていうんでしょう、「クールジャパン」とかっていうか、ニッポンのサブカル的な強みって、もうとっくにリスペクトされまくって吸収されて世界の本気がそれ以上のものに昇華してきているわけですよ。
さらには日本の少年漫画のお約束と、オタネタと、マーベルのアメコミ的なものを何の違和感も嫌味もなく混ぜ込んで超高度な技術で表現しているわけです。ディズニーすげえよ。
”日本のモノづくりの魂”みたいなものをアメリカのディズニーに叩きこまれたような複雑な気持ちです。いやほんと、我々はもう少し何か危機感を感じたほうがいいんじゃないでしょうか。
ごちゃごちゃ言ってるけど、映画はとても素晴らしく楽しくて泣けました。もちろん家族で楽しめますが、ターゲットの子どもたちにはわからんであろうおっさん向けなコテコテ小ネタの数々も笑かしてもらいました。※デスピサロっぽい着ぐるみとかツボです。
強いて言えば、優等生っぽくまとまりすぎて「腹八分目感」がちらっとあることがちょっとだけ気にならなくもないですが、どっちにしてもオススメです。2年前の「シュガー・ラッシュ」をまだ観てないおっさんはそっちのビデオと併せてどうぞ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする