故障が苦手

先月新たな相棒として手元にやってきたXZ-2の液晶パネルのヒンジが外れてパカパカいってる。
新品だし、落としたりぶつけたりした覚えも全くない。まあ、初期不良扱いになるか。

落し物が嫌い、という話を長々書いたけど、同じように道具の故障に弱い。
弱いというのは対応方法がわからないとかそういうんじゃなくて、むしろ道具の修理やそれに関する問い合わせなんかはかなり得意な方だ。
落し物をした時と同じように、道具が壊れて修理に出さなければならないときや、不調で万全じゃないときに精神不安定になる。
これは弱さだと思うのでホントなんとかしたいんだけど、1週間後には修理に出しに行ける時間があるとか、保証が効くとか、そういうのがわかっていても、自転車にしろ、カメラにしろ、PCにしろ、洋服にしろ、故障で万全の状態じゃないっていうことが気になって気になって気持ちが悪くどうしようもなく、仕事が手に付かなくなる。たいてい、それが今無くたって日常生活に何の支障も無いはずなのに。

同じような理由で、データのバックアップを取っていないと落ち着かないとか、代替機が無いと落ち着かないとか、いろいろ。
メンタル的には自他共に認めるブラック耐性の高さと図太さがあると思うのだが、バランスが悪くてこういう穴があちこちに。
みんなそういうものなのかね?

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする