「 カルチャー 」一覧

シビル・ウォーしびれるお(ネタバレ無し)

シビル・ウォー観た。

P4302813.JPG

 ※XZ-2の調子が悪くどうにもこうにもピントが合わない&白飛びするのが悪化する一方……センサー汚れか、レンズユニットのガタか、腕の方のガタか。

俺はマーベル関連をガッツリ観ているほうではないので熱く語るのは遠慮しよっかなーという感じなのだけれども、端的に言って評判どおりとても面白かった。劇場で観る価値はある。

言ってしまえば、アメリカの良心たるキャプテン・アメリカがアベンジャーズの仲間とお互いの正義をぶつけてドッカンバトルする、という東映まんがまつり的というか仮面ライダー対戦的というかそういう構図の映画なのだけれども、やっぱヒーローの本場はアメリカであるし、ハリウッドが本気でそれをやるとこうなるのかー、という圧倒的迫力と、あと意外にもシナリオや心象表現の抜け目のなさに感心しきりであっという間に観終わってしまった。

ギミック大好き日本人の俺個人的にはキャプテン・アメリカって地味だし、あの正義の押し売りっぽい生真面目さっていうか芸の無さがあんまし好きじゃなかったんだけど(なんせ武装が素手と盾だから……)、その個性をうまく友情や頑固な信念と絡めてアイアンマン社長と対立させていく設定とか、他のメンバーとの関係性の破綻の無さとか、非常に巧みだなあと思った。

チートキャラのハルクやソーがいないんだけれども、そのへんも良く計算されていて、おかげでバトルシーンは純粋に五分の戦いとして楽しむことができるし、アクションもいちいちかっこ良いし、なんというか、良く出来てます。

マーベルファンなら「ウオー!!ウヒョー!!」って感じだろうし、冷静な目で見ても良く出来たアクション映画。

観終わった後、最強キャラランキング議論スレとか見続けてしまった。


広告