「 ITネタ 」一覧

(日記)妻の一時用スマホを買いに秋葉原へ

先週、なんやかんや疲れが溜まってしまい、この土日は休養に充てて過ごすことにする。

前々から妻のケータイが限界だ、と聞いていたので、日曜日になんとかしに秋葉原へ。

自分のはともかく妻には本当は新品のいいやつを買ってあげたいのだけれども、今後キャリアどうするかわからんし実質7万とかする現行モデルを今のタイミングで買うのもばかばかしいということで、しばらく使える代わりの機種を調達するのが目的。

P5153049.JPGまっすぐイオシスに行く。

ここのところ、アキバPCホットラインとかそれ系のサイトで、この店で扱っているリースアップ品のネタをよく見かけてるなあと思っていたら、日経トレンディで記事になっていた。

3年落ちでも実力十分 1万円未満の中古スマホが人気
アキバの中古ショップでは、1万円未満で買える格安の中古Androidスマホが売れています。3年落ちながら装備は充実しており、格安SIMユーザーにとっては狙い目です。


今日の目当ては、ドコモのガラスマ白ロムである。

正直、俺個人的にはもはやキャリア端末には魅力を感じていなくて、SIMフリー機にするか、ROMを焼けるグローバル端末のほうがずっと都合が良いのだけれど、妻はドコモ環境が捨てられないということでずっと4年前のXperia AcroHD(SO-03D)をガマンして使っていたのだ。SO-03Dは俺も同じ機体を持ってるのだけれど、最後のFOMA機でとても良い端末だ。でも、使えるROM、RAMが少ないしドコモ公式ROMでは4.0.4までしか上がらずイジらないと今は苦しい端末なのだ。
※ちなみに海外ROMなら4.1.2までは行ける。Link2SD系のアプリを使えばまだまだ戦えるので、FOMA契約で粘りたいニーズがあっていまだ中古が2万円くらいする珍しい機種だったりする。

現在、我が家のケータイ事情はこんな感じになっている。

・俺:Zenfone5+10年前のガラケーの2台持ち ビックSIM980円+ドコモ何もない最小構成800円くらい(15年以上、ファミ割の代表回線)。俺のではないけど、他に会社の業務用携帯でXperia Z4を使っている。
・妻:ドコモのカケホーダイ+データS 8,500円くらい。
・娘:ドコモガラケー タイプシンプル+メールホーダイ。だいたい1,200円くらい。
・息子:Xperia RayにCM11のAndroid4.4デジモノコラボ0SIMで電話はIPPhone Smart。0円+通話代ちょろちょろ。

妻の携帯だけ飛び抜けて高い。
が、これがドコモ、つか3キャリアの今の標準的な構成なのである。みんな、よくこんな携帯代払ってられるなー、信じられないよ。

俺と同じような2台持ち構成にするか、キャリアメールを捨ててMVNOに転入すれば一気に月額6,000円とか下げられるので色々家族会議はしたのだけれど、妻は電話を結構使うし、地域の連絡関連でキャリアメールが捨てられなかったりということで断念している。
そんなこんなしていたらなかなか端末を買い換えられなかったので、一旦そこそこスペックの白ロムを探してくるよ、ということになったのだ。

P5153048.JPG宣伝にも出ていたP-02E。最近、今でも十分快適に使える2013年頃の4コア2MB端末が3年リース切れタイミングで大量出てきて白ロムが値崩れしているらしい。ネットで話題になったせいか、もうだいぶ狩られてしまってタマが少なくなっていた。

一方、逆にキャリアの2年縛りサポート端末が無くなった影響で、新しめの端末、特にGalaxy/Xperiaの2年以内のモデルは4万、5万当たり前のキビシイことになっている。
最近はもうGalaxyNexus0円祭りのようなイベントがなくて安物いじりが好きな人間にとっては残念である。

最初、このPでもいいかなぁ、と思ってたんだけど、程度の良いきれいな端末は12,800円。妻に買っていくものだから、きれいな機体にしたい。OSも4.1止まりなので、結局見送ってガラスケース内の端末を物色することにした。

P5153052.JPG結局選んだのは、シャープのAQUOS PHONE ZETA SH-06E。真っ赤で人気のない色だったので安かったけど、ピカピカの程度極上。13,800円だった。

3年前、「ドコモのツートップ」とかいうわけわからん戦略でギャラとXperia以外が完全無視された結果、最後は投げ売られたかわいそうな端末だったと思うが、モノ自体はしっかりしているはず。

SOCはスナドラ600で、俺のZenfoneと同じ。あと数年は十分使えるはず。IGZO液晶綺麗だしバッテリーもでかい。
Androidは4.4がとても軽くて安定しているので、OSが4.2止まりなのだけがヒジョーに残念なんだけど、4.4に上げられる端末は値段も急に5,000円上がる相場だった。他に同じくらいの値段でOSがどうとでもなるギャラS3αやXperiaAもあったのだけれど、妻用端末ではROM焼きしないし、Xperiaはフタが壊れてびろんびろーんとなっていたので、きれいさ優先でOSは気にしないことにした。

お会計しようとしたらサイフにお金が13,770円しか入っておらず、30円足りないっスーと言ったらイオシスのお兄さんが100円まけてくれた。ありがとうございます。

P5153054.JPGお腹が空いた。久しぶりに青島に寄って帰る。
もう夕方に近い時間なのに10人以上並んでいた。前の公園には近所の子連れ家族と遊ぶ子どもたち、スーツのサラリーマン、リュックのアキバ戦士、大きな声で歌と振付をチェックする地下アイドルの卵たち。そんな平和なカオスの横を総武線が通り過ぎて行く。

P5153056.JPG生姜うまい。

P5153059.JPGたらたら走って帰宅。すぐに使えるよう速攻でセットアップする。
真っ赤。程度はとても良い。

P5153063.JPGSIMはMicroSIM、元のスマホは標準SIMだったので何も考えずにサクッとバチーンしてしまう。

が、SIMを認識しない。バチーンでやっちまったか……!?と一瞬焦る。
妻はお出かけで携帯が必要だし、SIMは認識しないし、焦っているもんだから検証のためにAcroHDにカットしたSIM入れようとしてまーたSIMスロットにSIMガワを引っ掛けてしまったり(SIMカット初心者あるある事故No.1、俺も以前これでピン折ってスマホ壊したことある)、取り出すためにプラ版工作したり、壊れてないか確認したりあーだこーだとスマホを何台も並べて大騒ぎする。

5分とかしか時間が無いときに焦ってやる作業ではない。
どうしようもなく俺の携帯を持っていってもらうことに。

と、妻がプンスカと出掛けて行ったあと、すぐハッとして気付く。
そもそも、緑SIMのFOMA契約じゃLTE掴めないじゃん……
だめじゃん。

という、浅はかな困ったちゃん丸出しなミスに気づいて、トボトボとドコモショップへ。
最近はMVNOの兼用SIMばかり使っていたから、ドコモの契約変更なんて忘れてたよ。

ドコモショップで数十分待った後、お姉さんにすみませーんとカットしてしまったSIMを出して、「ああー、ありがちですよねー」と困ったさんを見る目ではにかまれつつ(思い込み)、Xiの白SIMに契約変更してもらう。契約変更手数料3,150円也。

当たり前だけど、普通に動いた。
こういう作業をするときは毎回慢心せずに手順を確認するべき。


広告